結婚したいアラフォー男の活動報告ブログ

アラフォーでバツイチのカズッチが婚活を成功させるための活動(婚活、ダイエット、育毛)を中心に情報発信をしていきます!応援よろしくお願いしますm(_ _)m

AGAヘアクリニックには遠隔診療があるので、遠方でも安心して治療ができます!

スポンサーリンク

f:id:kazucchi_RT:20190509202847j:plain

AGA治療に励んでいるカズッチです!

私は近くにAGA治療に力を入れているクリニックがあったので、治療を始めるのに困ることはありませんでした。

しかし、離島や町の中心部から離れたところに住んでいるとAGAの治療を専門で行っているクリニックはなかなかないですよね。

そんな方にはクリニックを受診しなくてもスマホのアプリを使った遠隔診療で診療を行えるAGAヘアクリニックがおすすめです!

スマホでの遠隔診療はほとんどの人が経験したことはないでしょうが、一部の病院ではすでに導入されている最新の診察方法です。

今回は最新の診察方法を導入しているAGAヘアクリニックの治療内容や遠隔診療を受けるための手順をまとめてみました。

AGAヘアクリニックの基本情報

クリニックは東京の秋葉原にあり、JR秋葉原駅の電気街口から徒歩4分ほどで着きます。

院内はプライバシーに配慮した作りになっていて、受付後は直接個室の診察室に案内され、他の患者と顔を合わせずにカウンセリングから診察、会計まで済ますことができるのです。

カウンセリングや診察は完全予約制になっているので、患者が多くて待たされるということもありません。

そして、何より遠方に住んでいる方や受診するのが難しい方のためにスマホによる遠隔診療を行っているのが特徴です。

 

AGAヘアクリニックの治療は処方薬のみで発毛の施術は行っていません。

つまり、都心に住んでいなくても遠隔診療を利用する事で通院する患者と同じ治療が受けられるという事になります。

遠隔診療は無料で、処方薬の費用も採血以外は直接受診する患者と変わりません。(薬の送料はかかります)

カウンセリング・診察を予約する手順

AGAヘアクリニックは完全予約制になっているので、受診をする前には必ず予約申し込みフォームから予約を行ってください。

直接来院と遠隔診療の受診では手順が少し異なりますので、希望する受診方法での手順を確認しておいてください。

直接来院の場合

  1. 予約申し込みフォームから予約
  2. 来院
  3. カウンセリング
  4. 医師による診察
  5. 処方・会計

 遠隔診療の場合

  1. 予約申し込みフォームから予約
  2. AHCトータルサポートアプリをダウンロード
  3. アプリにて問診の入力
  4. テレビ電話でのカウンセリング・診察
  5. 薬の処方と会計(クレジットカードもしくは銀行振込)
  6. 薬が郵送される

スポンサーリンク 

 

 処方薬の種類

【FINA】5,500円

Ⅱ型5α-リダクターゼの阻害薬であるフィナステリドを配合したオリジナルの内服薬です。

フィナステリド以外にも治療のサポートに必要なビタミンや亜鉛などのミネラルが含まれています。

 

【DUTA】8,000円

Ⅰ型及びⅡ型5α-リダクターゼ阻害薬であるデュタステリドを配合した内服薬で、Ⅱ型のみ阻害するフィナステリドよりも効果が高いとされています。

 

【MINOCK】10,000円

血管拡張作用のあるミノキシジルを配合した内服薬です。

ミノキシジルの含有量は様々な濃度を取り扱っていて、患者の状態に合わせた濃度が処方されます。

 

【MINOX LIQUID】13,000円

血管拡張作用のあるミノキシジルを配合した外用薬で、内服薬と同様に患者に合わせた濃度のものが処方されます。

内服薬と併用することで、より効果を実感できます。

 

【VITADD】3,000円

AGA治療をサポートするサプリメントになります。

亜鉛やL-リジン、葉酸やビタミンなど育毛に良いとされる成分を豊富に含んでいます。

 

【PANTO】9,500円

びまん性脱毛症(女性型)に有効なパントガールになります。

 

AGAヘアクリニックのデメリット

処方薬以外の治療法がない

AGAの進行状態や体質によっては処方薬だけでは思ったように結果が出ない事があります。

そのような場合にHARGやメソセラピーなどの施術を受けたくてもAGAヘアクリニックでは施術を行っていません。

そのため、施術を希望するなら他のクリニックを受診しなければいけません。

遠隔診療では採血を自分でしなければならない

AGA治療では肝機能の状態を把握するために採血をしなければなりません。

直接受診できればクリニックで採血をしてもらえるのですが、遠隔診療の場合は自分で採血をしないといけないのです。

送られてきた採血キットで採血をします。

採血自体は難しくないようなのですが、血を見るのが苦手な方には抵抗があるかもしれません。

遠隔診療では1度対面診療が必要

遠隔診療を行うためには原則として対面診療を行わないといけないようです。

遠方に住んでいる方は東京に行くまでの費用や時間がかかるので、受診が困難な方は1度直接相談してみてください。

まとめ

AGAヘアクリニックは遠方に住んでいてもスマホを使った遠隔診療が行えます。

ミノキシジルの内服薬も処方してもらえるので、近くにAGA専門のクリニックがない方におすすめのクリニックになります。

処方薬以外の選択肢がないのが残念ですが、始めは処方薬で経過をみればいいと思います。

AGAの治療は早く始めた方が効果が高いので、まずは無料カウンセリングで自分の状態を診断してもらいましょう。

 

薄毛治療に関するその他の記事はこちら↓

薄毛治療 カテゴリーの記事一覧 - 結婚したいアラフォー男の活動報告ブログ