結婚したいアラフォー男の活動報告ブログ

アラフォーでバツイチのカズッチが婚活を成功させるための活動(婚活、ダイエット、育毛)を中心に情報発信をしていきます!応援よろしくお願いしますm(_ _)m

薄毛克服するならクリニックの治療がおすすめ!その他の対策法と比べて考察!

スポンサーリンク

f:id:kazucchi_RT:20191017214659j:plain

半年間の治療で薄毛を克服したカズッチです!(現在も薄毛治療継続中)

私は30代前半から薄毛が始まり、40前になってようやくクリニックでの薄毛治療を始めました。

治療を始めて4〜5ヶ月で大きな変化がありました。

薄毛治療の経過はこちら↓

薄毛治療-AGA治療経過報告 カテゴリーの記事一覧 - 結婚したいアラフォー男の活動報告ブログ

 

治療の効果は薄毛の原因や進行状況、薬の効果など個人差が大きく、万人に発毛が保証できるものではありません。

しかし、薄毛の原因がAGAによるものであるなら、クリニックの治療薬を使わなければ薄毛の進行を食い止めるのは困難です。

以前の私と同じく薄毛に悩んでいる人にクリニックでの治療を進める理由とその他の薄毛対策法を比較して解説していきます。

 

AGAによる薄毛はクリニックでの治療がおすすめ!

AGAとは、男性型脱毛症の事で、男性ホルモンや遺伝が関係し、前頭部や頭頂部に症状が出るのが一般的です。

AGAによる薄毛は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが影響し、進行していきます。

ジヒドロテストステロンはテストステロンが5α−リダクターゼと言う酵素により変化します。

クリニックで処方される認可薬として有名なプロペシアの有効成分であるフィナステリドやザガーロの有効成分デュタステリドは、この5α−リダクターゼの阻害薬で、服用する事によりジヒドロテストロンを抑制します。

結果としてAGAによる薄毛の進行を抑制または止める事が出来るのです。

 

さらに、クリニックによっては発毛に効果的な成分を配合したサプリメントやミノキシジル配合の外用薬も処方しています。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、外用薬は発毛効果があるとして国の認可を得ている薬になります。

 

ミノキシジル外用薬は一般薬として市販されていますが、AGAの進行を抑制するフィナステリドやデュタステリドの薬はクリニックでしか処方してもらえません。

AGAによる薄毛の人にクリニックでの治療をすすめるのは、AGAはクリニックの処方薬でなければ進行を抑制できないからです。

AGAを止めなければ薄毛は進行し続けます。

発毛効果のあるミノキシジル外用薬を使用しても、AGAにより脱毛してしまえば、思ったような効果を得ることはできないのです。

まずは、薄毛の原因となるAGAの進行を止めてから、発毛のための手立てを打ちましょう。

 

AGAによる薄毛治療に効果がない(効果が少ない)方法

発毛剤(ミノキシジル外用薬)

ミノキシジル外用薬は、発毛効果が認められている薬です。

しかし、AGAの進行を止めなければ発毛剤で生えてきた髪の毛も太く長く成長する前に抜け落ちてしまい、十分な効果を発揮する事ができません。

ミノキシジル外用薬はフィナステリドやデュタステリドと併用が可能なので、これらを服用して、AGAの進行を抑制してから使用する事で発毛が期待できます。

 

育毛剤

育毛剤は発毛剤と違い、発毛効果はなく、今ある髪の毛を成長させる事を目的としています。

そのため、薄毛の進行を抑制する効果はなく、新しく髪の毛を生やす効果もありません。

よって、AGAによる薄毛に対して育毛剤ではほとんど改善効果は期待できません。

 

育毛シャンプー

頭皮環境の改善のため高級アルコール系よりアミノ酸系のシャンプーが良いとされ、多くの育毛シャンプーが売られています。

頭皮環境の悪化は毛髪にとって悪影響である事は確かですが、AGAの進行には影響を及ぼさないのです。

よって、頭皮環境をどれだけ整えてもAGAによる薄毛は進行し続けるので、育毛シャンプーを使ってもAGAによる薄毛改善には効果はありません。

 

植毛やカツラ

AGA対策として植毛をするCMなどを良く見かけますよね。

植毛やカツラは薄毛になった部分を隠す事は可能ですし、クリニックの処方薬による治療と異なり、植毛が定着すれば万人に必ず薄毛を改善する効果が期待できます。

しかし、見かけ上は薄毛を改善して髪の毛があるように見せる事は出来ますが、薄毛が治っているわけではありません。

植毛やカツラは薄毛を隠すのには効果的ですが、根本的な治療ではないので、AGAの治療法としてはおすすめできません。

しかし、クリニックによるAGAの治療効果が乏しい人や早期に薄毛を隠したい人にはおすすめです。

 

AGAによる薄毛治療におすすめの順序

まずはAGA治療を行なっているクリニックで正しく診断

AGAによる薄毛は進行性の症状です。

放っておくと薄毛は進行する一方です。

まずは自分の薄毛がAGAによるものなのかを正しく診断してもらいましょう。

クリニックの受診は恥ずかしさもあるため抵抗があるかもしれませんが、一般的な皮膚科などではなく専門でAGA治療を行なっているクリニックは待合室も個室だったりカウンセリングは無料で行なってるところも多いです。

まずは無料のカウンセリングから受けてみましょう。

 

AGAと診断されたら治療薬を服用!

医師にAGAと診断されたらAGAの治療薬を処方してもらいましょう。

一般的な皮膚科でもAGA専門のクリニックでも保険が使えない自由診療になるので、クリニックによって同じ薬でも費用が異なります。

プロペシアなどの認可薬を処方してもらうなら、出来るだけ安いクリニックを探して処方してもらいましょう。

またAGA専門のクリニックではミノキシジル内服や頭皮に直接有効成分を注入するメソセラピーやHARG療法を行なっているところもあります。

認可外の治療法になるので、効果とリスクの説明をしっかりと受けてから利用するか決めてください。

 

ミノキシジル外用薬を使って発毛促進させる!

フィナステリドやデュタステリドの服用により薄毛の進行を抑制する事ができます。

できれば、AGA治療薬と併用してミノキシジルの外用薬を使って発毛を促進させましょう。

リアップのCMでも言ってますが、日本で唯一発毛効果が認可されている薬になります。

AGA治療薬だけでも発毛効果が認められる人もいるようですが、より効率的に発毛を得るためにミノキシジル外用薬を併用しましょう。

クリニックで処方していないならドラッグストアや通販でもミノキシジル外用薬は購入できます。

 

可能なら育毛剤や育毛シャンプーも使ってみる!

AGAの治療薬や発毛剤は安いものではありませんが、効果はかなり期待ができます。

この2つでも十分ではあるのですが、金銭的な余裕があるなら、生えてきた髪を育てる育毛剤と頭皮環境を整えるための育毛シャンプーも使ってみましょう。

 

治療効果が思ったように出ない場合は植毛やカツラも検討!

AGAは薬による治療なので、進行状況や体質などによって効果に個人差があります。

もし、治療を行なっても思ったように発毛効果を得られなかった人は薄毛を隠す方法として植毛やカツラを検討してみるのも良いかもしれません。

植毛は自毛植毛や人工毛植毛がありますが、定着率や手術痕が気になるなら、結毛や埋め込みによる増毛法もあります。

カツラは物によって仕上がりが大きく異なるので、違和感がないようしっかりとしたものを選びましょう。

 

まとめ

AGAによる薄毛はクリニックの治療を受ける事が重要である事を説明してきました。

AGAは放っておくと、どんどん進行していくので、出来るだけ早く診察を受け治療を開始しましょう。

進行が進めば進むほど治療に時間がかかるだけでなく、毛根が寿命を迎えれば二度と毛が生えてくる事はありません。

まずは無料のカウンセリングで診断をしてもらいましょう。

 

私が治療をしているおすすめの湘南美容クリニックの公式ホームページはこちら↓

薄毛治療に関するその他の記事はこちら↓

薄毛治療 カテゴリーの記事一覧 - 結婚したいアラフォー男の活動報告ブログ