結婚したいアラフォー男の活動報告ブログ

アラフォーでバツイチのカズッチが婚活を成功させるための活動(婚活、ダイエット、育毛)を中心に情報発信をしていきます!応援よろしくお願いしますm(_ _)m

ラジエーションハウス第11話の感想!感動の最終話でしたが、続編はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

f:id:kazucchi_RT:20190617204551j:plain

早くもラジハロスになりそうなカズッチです!

第10話の感想の記事で最終話予想をしましたが、大外れでした!

しかし、最後は良い終わり方だったと思います。

来週は特別編の2時間スペシャルもあるようですね。

それでは、感想とちょっとした検査の補足をしたいと思います。

最終話の感想

結局五十嵐は手術をして、医師だという事がバレてしまいましたね。

それにしても、医師免許を持っていても手術は経験がないと難しいと思うんですが、五十嵐は手術の経験も豊富なんですかね?

 

五十嵐が医療行為をしたことが報道された時に大森院長が鏑木先生にも五十嵐が医師だと言う事を秘密の話として教えましたが、鏑木先生速攻で軒下に話してました。

口軽すぎです!!!

鏑木先生は、嫌味で対立する立ち位置にいましたが、ずっと憎めない存在でしたよね。

出番は少なかったですが、ラジエーションハウスには欠かせない人物でしたね。

 

そして、大森院長ですが聴聞会で五十嵐が医師免許を持ちながら技師として働いてる理由を問われて「教えてくれないんだもん」とか言っていました。

聴聞会で「教えてくれないだもん」って!

どんだけマイペースなんですかって思いました。

しかし、医師免許を持っていても技師が医療行為を行うのは問題だと言われ、大森院長は毅然とした態度で、治療の正当性を主張していました。

いつものほほんとしている大森院長とのギャップが良かったです、とてもカッコよかったです。

 

結局甘春先生は子供の頃の約束を思い出すことなく五十嵐はピレスの元へ旅立ってしまいましたが、いつか甘春病院に帰ってくるのでしょうか?

原作に追い付いているようなので、続編があるのかも気になりますね。

オリジナルストーリーでも良いので、続編を期待したいです。

 

そして、最後にサプライズがありました。

まさかの新人技師田中!

ナレーションだけではなく、最後に美味しいとこ持って行きましたね!

 

 

そして、来週2時間スペシャルの特別編があります。

飛行機の事故みたいですが検査機器なんてない中でどんな話になるんでしょうか?

気になりますね。

 

最後に、甘春先生の頭痛の原因は何だったのか…。

脳槽シンチグラフィ

シンチグラフィとは放射線を出す物質を体の中に入れて、体の中から出てきた放射線を画像化する検査です。

脳槽シンチグラフィは硬膜内に放射線を出す物質を注入し、脳脊髄液の漏れがないかを検査する検査方法です。

脳脊髄液は脳を包む硬膜の中に溜まっていて、硬膜は脳から出て脊椎の後ろを通っている袋のようになっています。

通常であれば注入した物質は硬膜内に留まるのですが、漏れがあると硬膜外から放射線を検出するので、診断することができます。

何らかの影響で脊髄液が漏れてしまうことで低髄液圧症になり、立ち上がったときの頭痛や全身の倦怠感などが出ます。

まとめ

ついに最終話を迎えたラジエーションハウス。

予想は外しましたが、最後までとても楽しめました。

続編が作られるかは分かりませんが、来週特別編はあるようです。

楽しみではありますが、蛇足にならないか不安でもあります。

視聴率も良かったので、続編があることを期待したいです。

今まで影の存在だった私たち診療放射線技師にスポットを当ててくれたラジエーションハウスに感謝です。

 

ラジエーションハウスに関するその他の記事はこちら↓

健康関係-放射線 カテゴリーの記事一覧 - 結婚したいアラフォー男の活動報告ブログ